物語とはどういうモノか?

 物語とはどういうモノか?
 実はこれに気が付いていない人が案外多いと思うんです。
 かく言う私もそうでした。
 
 ただ私は、結構長い間小説を書いているんですが、ずーっと我流で書いていて、「……何か違う」という違和感が抜けなかったんです。
 web上で公開している小説は長編数本ですが、これまでに同人誌などで長編10本近く書いていました。
 ですが、ここ数年その違和感が強くなりすぎて、筆が止まってしまいました。
 それで、一年ほど基本から小説の勉強をしたのですが、その時に出会ったのが、下記で紹介している『読者ハ読ムナ(笑)』です。
 この本は、そんな私に、その「違う」と考えていた答えに気付かせてくれた二つの本のうちの一つでした。
 
「うしおととら」や「からくりサーカス」、最近では「双亡邸壊すべし」の藤田和日郎先生が自身の創作論を語った本です。
 マンガの創作論ですが、物語、特にライトノベルを書く人には、下手な小説の書き方本よりもずっと得るものがあります。
 
 結論として一番大切なことは、「登場人物の心が変わる物語を書け!」それにつきます。
 
 まあ、それ以外にも本の中では、キャラクターの創り方とか、色々と目からウロコが落ちる話を藤田節で語ってくれています。
 
 ちなみに「モブ令嬢の旦那様は主人公のライバルにもなれない当て馬だった件」は、小説の勉強をした後の第一作目です。
 
 
読者ハ読ムナ(笑) 〜いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか〜
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました